外来診療案内 › リハビリテーション科

リハビリテーション科

当院は昭和27年の医院開設時、整形外科専門医院として開設し、当初から「理学療法」や「リハビリテーション」に力を入れてまいりました。平成2年には「理学療法施設基準2取得」、その後も、「脳血管疾患等リハビリテーション(1)」や「運動器リハビリテーション(1)」を取得しております。

平成21年5月には「回復期リハビリテーション病棟」をオープンいたしました。病床数は57床の急性期病棟と42床の回復期病棟となっており、入院患者様と外来患者様を対象にリハビリテーションを行っています。また、平成26年8月には回復期病棟の病床数44床から60床に増え、さらなるリハビリテーションの充実を図っています。

現在は、理学療法士32名、作業療法士8名、言語聴覚士3名、助手3名、事務職1名、 計47名のスタッフが、入院・外来・外来の患者様おひとりおひとりに適切な急性期から回復期・維持期のリハビリテーションをご提供しています。そして、リハビリスタッフだけでなく、他職種との連携を大事にし、チームで患者様に関わっていけるようカンファレンスやミーティングを定期的に行っています。


対象疾患

整形疾患8割

骨関節疾患:脊椎骨折・人工膝関節・股関節置換・人工肩関節置換・肩関節周囲炎・肘関節ope後・橈骨遠位端骨折・手指損傷など

スポーツ整形疾患:腰椎ヘルニア・野球肩・野球肘・膝靭帯損傷・アキレス腱断裂・足関節捻挫等

その他:脊柱管狭窄症・関節リウマチ、下肢切断、顔面神経麻痺、術前後の廃用症候群など

中枢疾患2割

脊髄疾患:脊髄損傷・脊髄症など

脳血管疾患:脳梗塞・脳出血・脳腫瘍など

その他

廃用症候群など


入院の方への診療体制
急性期病棟(2F病棟)

骨折・人工関節・靭帯損傷などの整形外科疾患の手術後の患者様、脳梗塞の急性期の患者様や入院臥床による廃用症候群の患者様に対して、早期からリハビリテーションを行っています。患者様に合わせて、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士による個々に合わせた個別リハビリテーションを実施しています。

回復期病棟(3F病棟)

回復期リハビリテーション病棟対象疾患の患者様に対し、365日個別リハビリテーションを行い、身体機能の早期改善を目指すとともに、早期に安心して退院していただけるように退院前訪問指導や地域サービスとの連携を行なっています。


外来の方への診療体制

各種機器を使用しての物理療法の他、約15名のリハビリテーションスタッフが患者様1人1人の希望の添えるよう、問診から評価を細かく行った後、患者様と一緒にリハビリテーションの目標設定を行い、目的に応じたアプローチを実施しています。


外来診療時間・休診日
診療時間

午前:9:00〜12:00 午後:4:00〜6:00

休診日

日曜・祝祭日・夏季休暇・年末年始


科内活動

・急性期・回復期・訪問・通所スタッフによる症例検討・症例報告会(月1回)

・各病棟スタッフ内でのミーティング(月1回)

・各種現職者講習会、学会等への積極的な参加・発表 など


院外活動

・学会発表

・コンディショニングルーム など


理学療法

理学療法では、病気・けが・高齢・障害などによって運動機能が低下した状態の人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動療法や物理療法を用いて行っています。また、家屋や補装具調整・家族指導なども行い、患者様にあったリハビリテーションを提供しております。また、当院には月1回スポーツ医が非常勤としてきており、スポーツ種目に応じたリハビリテーションや動作指導・チェックなども行っており、必要に応じて個別プログラム作成やテーピング処方・インソール作成などにも対応しています。

・運動機能練習(筋力強化・姿勢調整・動作指導など)

・テーピング、インソール処方

・その他


作業療法

作業療法では、病気・けが・高齢・障害・寝たきりなどによって運動機能や認知機能が低下した状態の方々に対してリハビリテーションを行います。自立した生活が送れるように、動作や諸機能の回復・維持および開発を行っています。具体的には、日常生活での入浴や着替え、食事などの実際の動きや動作を用いての日常生活動作練習を中心に行っています。また、ご自宅で安心安全な生活が送れるようにご自宅の環境や生活を楽にする道具の提案・調整、ご家族の負担軽減に繋がる介助方法や介護方法の提案なども積極的に行っています。

・ADL練習

・機能練習

・その他


言語聴覚療法

言語聴覚療法では、病気・けが・高齢・障害によってコミュニケーションや摂食・嚥下に問題が生じた方々に対してリハビリテーションを行います。脳卒中後に生じる失語症や構音障害などの言語障害、声が出にくくなる音声障害など、ことばによるコミュニケーションの問題は多岐にわたります。相手に思いを伝える、相手の言葉を受け取る、などのコミュニケーションを円滑に行い、自分らしい生活が送れるよう支援します。また摂食・嚥下機能は脳卒中のほか、加齢によっても障害されます。高齢になると歯が抜けてしまってうまく噛めなくなったり、上手に飲み込めずにムセてしまったりするようになります。そんな嚥下障害をお持ちの方に、食事をおいしく安全に食べられるように、食形態の提案・工夫や嚥下訓練などの支援をしていきます。


リハビリテーション科 活動報告


 平成26年12月7日に行われた『第19回加須こいのぼりマラソン大会』にコンディショニングルームを昨年に引き続き開設いたしました。
 今回は、昨年よりも多い約250名の選手に来ていただき、マッサージやストレッチ・テーピング等を中心に施行させていただきました。
 今後も地域に根ざしたリハビリテーションを提供していきたいと思いますので、宜しくお願い致します。
 選手の声:
 「テーピングも適切で、走る上でのアドバイスもいただき大変満足しています。全く意識していないフォームの間違いなど気づきがありました。」
 「室内のコンディショニングルームが完備されており、スタッフ数も多かったため大変満足しています。」