変形性膝関節症と治療方法

変形性膝関節症

 当院整形外科に受診する理由で、腰痛・坐骨神経痛についで2番目に多いのが「膝の痛み」です。
 若い人から高齢者までさまざまな段階で膝の痛みは生じますが、ここでは中〜高齢者に多い「変形性膝関節症」について解説します。

変形性膝関節症

 変形性膝関節症は、体重や年齢のために、膝を構成する太ももの骨(大腿骨)とすねの骨(脛骨)の軟骨がすり減り、そのために痛みや、O脚変形、歩行障害を来す疾患です。
 女性の方が多く、体重が重い方に生じやすく、全国で約1000万人の予備軍と100万人の治療中の患者がいるといわれています。 若いころに激しい運動を行っていた方、骨折など膝をケガしたことのある方、重労働や農作業などで長年膝を使い過ぎた方も起こりやすいです。

症状

 症状は、初期のころは長く歩きすぎや階段昇降で痛くなる程度ですが、 次第に膝の裏がつっぱり真っすぐに伸びなくなったり、正座が出来なくなったりと、 曲げ伸ばしの角度が悪くなってきます。 さらに悪化すると、短距離の歩行や安静時にまで痛みを生じるようになり歩くのがつらく感じるようになります。

検査

 検査としてはレントゲン撮影、必要に応じてMRI撮影を行います。
 太ももの骨とすねの骨の間の軟骨はレントゲンでは写らないため、骨同士のすき間の厚みが軟骨の厚みということになります。 半分程度になっていれば、進行期の変形性関節症といえるでしょう。 更にすき間が無くなってしまい、骨同士がぶつかって見えるようになると末期の変形性関節症といえます。


治療方法

保存治療

 治療として、まず大切なのは、体重コントロール、太ももの筋力トレーニングなどの患者さん本人の努力です。 そこに加えて、鎮痛薬、外用薬、ヒアルロン酸やステロイドなどの膝への注射を行います。

手術治療

 進行期以上の変形性膝関節症で、上記のような治療にも関わらず痛みが取れず、歩行がつらくなってきた場合は手術を考慮します。
 手術方法は、人工膝関節置換術がもっとも効果的で、長期成績も安定しています。 人工膝関節置換術には、全部取り換える全置換術と、悪い方の内側の軟骨だけ取り換える単顆型置換術がありますが、どちらの方がふさわしいかの判断は専門の医師の判断に任せた方がよいでしょう。