2階(一般病棟)と3階(回復期リハビリテーション病棟)のご紹介


2階病棟のご紹介

2階病棟は、一般病棟です。整形外科、内科、小児科の急性期の患者様をお受け入れしております。比較的入院期間は短く、緊急、検査、手術等の患者様の看護、回復期リハビリテーション病棟への転棟調整を行い、患者様が安心して入院生活を送れることができるよう努めています。
そして

『いつも笑顔をわすれずに!』をモットーに、何よりもスタッフが明るく患者様に接しております。


3階病棟のご紹介

3階病棟は、回復期リハビリテーション病棟です。脳疾患障害、人工関節手術や筋力の低下で運動能力が低下された患者様を、集中的なリハビリテーションによって、家庭生活や社会生活に復帰させることを目的としております。


回復期リハビリテーション病棟入院について
回復期リハビリテーション病棟とは…

脳血管疾患や大腿骨骨折などの発症よる患者様の損なわれた機能を回復するリハビリを行い、さらに生活動作訓練についても集中的にリハビリを行う病棟です。

病状 入院までの期間 入院期間の上限
脳血管疾患、脊髄損傷等の発症又は手術後 発症又は手術後2ヶ月以内 150日
高次能機能障害を伴った重症脳血管疾患障害、
重度の頸髄損傷及び頭部外傷を含む多発外傷後
発症又は手術後2ヶ月以内 180日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の骨折
又は手術後
発症又は手術後2ヶ月以内 90日
外科手術又肺炎等の治療時の安静により生じた
廃用症候群を有しており、手術後又は発症後
発症又は手術後2ヶ月以内 90日
大腿骨、骨盤、脊髄、股関節又は膝関節の
神経・筋・靭帯損傷後
発症又は手術後1ヶ月以内 60日